星をさがして三千里

気がついたら、好きだったんだもの。貴方のこと

星をさがして三千里

 

 

お久しぶりです〜〜〜

暑い夏もそろそろ終わりを迎えて、大好きな秋がやってくる前にいまの気持ちをまとめておこうかなと思いここにかいてます。

 

 

もう薄々お気付きの方もいるとは思うんですけど、拙者K-POPとやらにハマってしまってですね(何キャラ)

 

流星くんを目にする機会がめっきり少なくなっていて。テレビをつけてWESTが出ていても、街中で雑誌の表紙をかざるWESTもみつけても、無意識で関心を示さなくなっている自分に気付いて「あ、これもう流星くんのこと応援できないな」ってシンプルに思いました。

 

 

もちろん、流星くんが嫌いになったわけじゃない。いまも大好きだしお顔はどちゃクソカッコイイしあわよくば付き合いたいしあわよくば結婚してくださいって感じだし。でも"自担"と呼んで応援する情熱がなくなったというか。いまわたしのその情熱は推しに熱心に注がれているわけで、流星くんに申し訳なくなったっていうのもひとつある。

 

来年行われるであろうツアーを最後に藤井流星くんの担当を降りようと決めました。(ただそのツアーで舞い戻ってオタク続ける可能性は十二分にある)

 

 

思えば流星くんを好きになってから人生がほんとに変わりました。流星くんがいなかったら高校生の時にバイトをしようなんて考えてなかっただろうし、自分にほんとに無頓着だったわたしが流星くんに可愛いって思われたいって買ったこともない可愛い服を手にしてみたり分からないなりにいっぱい勉強してメイクしてライブいったり…。ほんとに楽しかった約2年間でした。

 

 

ネット以外(学校生活)の友達と好きなものを語るのが少々苦手で"ジャニーズWEST"という繋がりだけでできたお友達はとても嬉しかったです。いま月イチ以上で遊びにいったりする友達もできたし、ライブの時に会いたいと思える友達もネット越しにみてるだけだったツイッタラーさんともすごい偶然でおしゃべりできたりほんっとに濃ゆい時間でした。

 

 

なんというか、高校生という一生戻ってこない青春時代にジャニーズWESTを好きでいれてほんとに良かったと心から思います。

 

 

これからもジャニーズWESTの活躍本当に期待しています。彼らならテッペンとれる!って自信持っていえる。ファンの一員として応援することはやめたけど端から見守ることはさせてください。

 

 

大好きでした。

 

 

 

2018.10.01