星をさがして三千里

気がついたら、好きだったんだもの。貴方のこと

あなたたちとこれからを

 

 

まずは、ジャニーズWESTデビュー3周年おめでとうございます!いやあ、めでたい。わたしがWESTを応援し始めてからは初めてのデビュー日のお祝いが今日です。

 

結論から言うと、ジャニーズWESTというグループに中間淳太桐山照史に濵田崇裕に重岡大毅神山智洋藤井流星小瀧望に出会えて良かった!!ただその言葉に尽きます。

 

ジャニーズWESTを好きになって、初めてグループが好きと思う事ができたし、初めて好きでいることは辛いこともあるんだとたくさん教えてもらった。あのクリスマスの夜、流星くんが、皆が、涙を流したとSNS上で知った時は行けなかった後悔とその涙を共有できなかったわたしはファンを名乗っていいのか、そこで感情を共有したファンの皆様への嫉妬でずっと泣きじゃくっていました。それから一時は画像をみることも、レポを聞くのも嫌で思い出して涙を流す毎日でした。でもある日、急に気持ちがスッとなってちゃんと、WESTのひとつの夢を掴んだ瞬間に見つめあおうと1つ1つレポを読んでいって。覚悟はしていたけど、やっぱり涙が止まらなくて。でも淳太くんがこう言ったんです。「置いていかないよ」って。もうその言葉をみてまた涙は止まらなくて。ああ、ファンをしてもいいんだ、まだ好きでいてもいいんだって、何かが吹っ切れた気がします。その後になにわ侍のDVDをみて、また淳太くんに救われた。「ずっと一緒やで!」って。これはいまみても目に涙溜まるし、これかきながらも泣いてます。わたしの力が尽きるまで応援し続けようって思いました。なんでデビューした時から、デビューする前から、応援しなかったんだろうっていつも思うけど、皆は未来をみて走っているのでそんなことは極力言わないようにします。だってわたしが好きになったのはいまのジャニーズWESTだから。

 

 

あと、流星くんにはいっぱいいっぱい感謝してます。ジャニーズWESTを好きになるまでは担当という概念をあまり持たず生きていて(つまりDDです)好きになった人が担当くらいの意識で生きていたんですけど、初めて流星くんがLIVE会場を走り回る姿をみてビビッてきた。なんだろう、なんの意味もない。なのになぜか「藤井流星をいちばんに応援しよう」って頭の中でそれだけが過ぎったんです。でも少し不安で。またDDになるんじゃないかとか、流星くんを応援すると決めたけどいつか別の人に目移りしちゃうんじゃないかとか。でも流星くんはいつも新しいをくれた人だった。かっこいい、可愛い、優しい、他にもいろいろと。流星くんの生き様がアイドルとしての流星くんがなにもかもがいまは大好きで。辛い時も流星くんが笑ってたらそれだけでなんか気持ちは晴れるし。会えるためならと勉強だってバイトだって頑張ろうと思えたし。流星くんはわたしにとってこれからもそんな存在なんだと思います。

 

ずいぶん長くなったけど、ただわたしが言いたいのはデビュー3周年おめでとうってだけです。あの日、決断をしてくれたジャニーズWESTに出会えて良かったと心から思います。これからも一緒に歩かせてください。もしこけてしまったら手を差し伸べてくれなくてもいい。声もかけてくれなくていい。ただ、笑ってこっちを振り返ってくれればまた、立ち上がります。辛いことも大きな壁にぶつかることだってこれからにはいっぱいあると思います。その時はわたしたちファンが声をかけ続けます。頑張れとしか言えないけれど。それだけで笑顔になってくれるとも思ってないけど。少しでも力になることを祈って声をかけ続けます。だから走り続けてください。そんな姿を応援します。大好きだから。